PHP の sprintf() 関数の「引数の交換」と変換指定子の挙動

- フォーマット文字列を 2 重引用符 (") で指定した場合
  %1\$d のように「\」が必要

$format = "The %2\$s contains %1\$d monkeys";
printf($format, $num, $location);


- フォーマット文字列を「引用符 (')」で指定した場合
  %1$d のように「\」は不必要

$format = 'The %2$s contains %1$d monkeys';
printf($format, $num, $location);


- フォーマット文字列を「ヒアドキュメント」で指定した場合
  %1\$d のように「\」が必要

$format = <<<EOD
The %2\$s contains %1\$d monkeys
EOD;
printf($format, $num, $location);


- PHP: sprintf - Manual
  http://www.php.net/sprintf

スパム対策メールアドレス作成サービス

  http://mailgen.xingus.com/

MS-IME で使わない変換候補は、その都度削除

  http://www.relief.jp/itnote/archives/000146.php

教科書に載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

  4798106577
  amazon.co.jp 詳細ページへ
  ばるぼら (著)
  翔泳社
  ISBN: 4798106577
  2005/05/10
  2,499 円

究極の進捗管理シート

- これさえあれば、バッチシ!究極の進捗管理シート!
  http://blog.underdone.net/log/eid485.html

- 進捗報告の仕方
  http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20050318